脊髄損傷で認定を受ける

交通事故により脊髄損傷になった場合に後遺障害が残ることから、後遺障害等級認定を申請することになるでしょう。脊髄損傷したことによる麻痺がどれくらいあるのかにもよるのですが、麻痺の範囲として、四肢麻痺・片麻痺・単麻痺・対麻痺とに分けて、高度・中等度・程度により判断されるのです

麻痺麻痺の範囲に挙げられている「四肢麻痺」は、両方の四肢が麻痺している状態です。「片麻痺」とは、片側だけの上下肢が麻痺している状態です。単麻痺は、上肢あるいは下肢のうち、一肢だけが麻痺していることを指します。対麻痺は、両方の下肢あるいは、両方の上肢が麻痺した状態です。

また、麻痺が起きる程度については「高度」であれば、上肢、下肢など運動性能が失われるだけでなく、基本動作である歩く、立つ、持ち上げるなどが一切できずに、腕や足などを支持することさえできなくなってしまうのです。また「軽度」であっても、上肢に問題があれば、お箸を使った食事ができなくなることや、下肢であっても歩行することは可能ですが転倒しやすいことで杖を用いなければいけません

等級は1級~12級まであるなかに、7つの等級に分けられます。これは自動車損害賠償保障法施行令により、内容が定められています。軽度であっても四肢に麻痺が認められている第3級3号であれば、要介護も認められる場合があるのです。

麻痺が残ってしまうほどの脊髄損傷であれば、今後の生活にも支障がでますので後遺障害認定を必ず受けることと、自分での申請が難しければ、弁護士に相談してみるといいでしょう。

未分類

リハビリテーションするために

交通事故によるケガが原因で脊髄損傷になってしまった場合に被害者として何をすればいいのでしょうか。まずはどの程度の症状なのか詳しく検査することが必要です。

リハビリテーション脊髄といっても、どの部位の個所で起きているのかによって障害の度合いが違います。損傷を受けてしまった部位よりも下では、麻痺の症状が強くでます。脳に近ければそれだけ麻痺になる部位が多くなってしまいますので全身に障害が残りやすくなるでしょう。また運動神経だけでなく自律神経まで症状が出ますので、血圧を調整することも難しくなりますし、排尿障害になるでしょう。自活呼吸ができなくなることもあります。

脊髄損傷の診断では、筋力の麻痺している範囲や腱反射などの異常レベルがどれくらいなのか、CT検査やMRI検査にて調べます。また、脊髄損傷になってしまった場合ですが、脊髄などの神経を再び元の状態に戻すことはほぼ不可能ですので、早めの段階でリハビリテーションを開始しなければいけません。損傷してしまった脊髄が修復することもありますので、まだ治療を諦めるべきではないでしょう。

また損傷の具合によっては、手術をすることで麻痺の範囲をストップさせる目的と装具などで固定することで、リハビリテーションの開始を早めることも可能です。

未分類

交通事故で脊髄損傷に

交通事故により後遺症が残ってしまうことで、その後の人生は大きく左右されてしまいます。その中でも特に重症なのが脊髄損傷でしょう。身体全体を支えている脊髄が傷を負うことにより、最悪の場合には、一生涯、歩行困難になってしまうことさえあるのです。運動することもできなくなりますし、ましてや学校や会社に通勤することも不便になるでしょう。

脊髄損傷脊髄損傷になってしまった場合には後遺障害等級認定を申請することができますので早めの弁護士などに依頼をして書類作成などの準備に取り掛かることが必要です。

ところで脊髄損傷は実際にどれくらい症状が重いのか確認してみましょう。脊髄は、身体と脳を結ぶ中枢神経です。交通事故により衝撃の度合いが高ければ高いほど、外傷を受けやすくなり、脊椎を骨折することもありますし、脱臼することもあります。また脊髄が入っている脊柱管の内部に損傷が加わることもあります。傷ができたり、圧迫されることにより脳からの伝達が困難になってしまい、自律神経や知覚機能などを著しく損傷することで、歩行困難などの運動障害が生じてしまうのです

これは交通事故だけに起こりうるものだけではありません。たとえば、アメリカンフットボールなどで激しいタックルが原因で脊髄損傷が起きてしまう場合もありますし、転倒することや重たい荷物を持ち続けていることで脊椎を圧迫してしまうことさえあるのです。日常生活の中でも気をつける必要がある重要な部位なのです。

未分類