Menu

リハビリテーションするために

0 Comment

交通事故によるケガが原因で脊髄損傷になってしまった場合に被害者として何をすればいいのでしょうか。まずはどの程度の症状なのか詳しく検査することが必要です。

リハビリテーション脊髄といっても、どの部位の個所で起きているのかによって障害の度合いが違います。損傷を受けてしまった部位よりも下では、麻痺の症状が強くでます。脳に近ければそれだけ麻痺になる部位が多くなってしまいますので全身に障害が残りやすくなるでしょう。また運動神経だけでなく自律神経まで症状が出ますので、血圧を調整することも難しくなりますし、排尿障害になるでしょう。自活呼吸ができなくなることもあります。

脊髄損傷の診断では、筋力の麻痺している範囲や腱反射などの異常レベルがどれくらいなのか、CT検査やMRI検査にて調べます。また、脊髄損傷になってしまった場合ですが、脊髄などの神経を再び元の状態に戻すことはほぼ不可能ですので、早めの段階でリハビリテーションを開始しなければいけません。損傷してしまった脊髄が修復することもありますので、まだ治療を諦めるべきではないでしょう。

また損傷の具合によっては、手術をすることで麻痺の範囲をストップさせる目的と装具などで固定することで、リハビリテーションの開始を早めることも可能です。